取り扱いが難しい精密機械について学びたい方のためのサイト

>
この記事をシェアする

学校で学ぶにはいくらかかるのか?

大学の場合

まず、大学の場合ですが初年度の学費はおよそ54万円から246万円とかなり差があります。
一般的に文系よりも理系のほうが学費が高いと言われていますが、精密機械を学ぶ学科も理系ですから、高めに設定されているようです。
国公立か私立かによっても差がありますし、どのような精密機械について学ぶのかによっても差が生じます。
また、調べたところによれば国公立で精密機械について学べる大学はおよそ15ですが、私立の場合は48と3倍以上になっています。
学科の名称は機械工学科、総合機械コース、機械システム工学科など大学によって様々です。
気になる大学があったら、まずは資料を取り寄せて授業内容をしっかりとチェックしてみましょう。

専門学校の場合

次に専門学校に通う場合ですが、こちらは初年度の学費がおよそ88万円から150万円となっており、大学ほどの差は見られません。
数としては12と大学に比べると非常に少なく、場所も北海道、東京、愛知、大阪、岡山など一部に限られています。
しかし各学校とも独自のカリキュラムを採用して、精密機械についてしっかりと学べる体制が整っているようです。
期間は2年間、3年間、4年間の3種類がありますので、自分が何を学びたいのか、どこまでなら通学可能かなどをじっくりと考えて選択されることをお勧めします。
大学と同じく、資料請求はネットから簡単に出来ますので、何種類か集めて比較検討してみると良いでしょう。
そして、短大やその他の機関では現在のところ精密機械技術者になるための勉強を出来るところはないようです。
精密技術者になるには、大学または専門学校に通うことになります。


Copyright © 取り扱いが難しい精密機械について勉強したい. All Rights Reserved.

TOPへ戻る